--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007
01.22

●天然生活 2007年3月号(vol.26) 特集「みんなの家」

天然生活 2007年3月号(vol.26) 特集「みんなの家」http://www.chikyumaru.co.jp/ten.html

天然生活 2007年 03月号 [雑誌] 天然生活 2007年 03月号 [雑誌]
(2007/01/20)
地球丸

この商品の詳細を見る


創刊以来愛読している『天然生活』。月刊化されてから、ほんの少しその先駆的な「濃さ」が薄らいだような(ちょっとつまらなくなっちゃったような)気がしていたのだけど、やっぱり読ませる独特の空気感。

なんだろうなぁ、これ……やっぱり「天然生活」っていうひとつの生活スタイルのカテゴリができあがっちゃっているんだろうなぁ。

ある意味ブランド?のような。

で、今月号は特集が住まいネタということで(この記事レビューに関しては場所を変えて書くかも)、興味深く読んだんですが、
個人的にはソコじゃなく、根本きこさんのコラムにクギヅケになってしまいました。




おお、とうとう……! 『天然生活』にも、「バッチフラワーレメディ」の文字が!キー・ワードが!(「バッジフラワーレメディ」とコラムには書かれていましたが))

上陸したか……と。

いささか、感慨深く。


『フラワーレメディ』とは何か?を説明するには私も言葉足らずなので、できればググってみて調べていただきたく思うのですが、
端折って言えば「お花の波動を写し込んだ液体(水やアルコール)」=『レメディ』を摂取することにより、体調や精神状態を調整するみたいな、『ホメオパシーレメディ』と同じような、いわゆる『オルタナティヴメディスン』の一種です(端折ったはずなのに、ほら、長くなったでしょ!)。

このワクのモノがいち早く紹介?されていた暮らし雑誌といえば『リンカラン』なんですが(ちなみに、私は個人的に毎月の『天然生活』と、隔月の『クウネル』『リンカラン』は欠かさず購入・愛読していますので、この記事のカテゴリもこの3誌用の名前にいちおうしておきました。てんねんくり、というのはそういう意味です)、なかなかリンカランから外に出ないというか、他の暮らし系雑誌ではなかなかオルタナティヴメディスンをとりあげることがないなぁと思っていました。

今、多数の出版社から多種出されているこの暮らし系雑誌の、草分け的位置に『天然生活』はあるのになぁ、どうしてかなぁ、オーガニックフードとかの特集やムックだって出ているのになぁ、とも。

いやーしかし、今月はコラムの中の一文に過ぎないとはいえ、なんだか「ついに、来たか!」という謎の達成感(???)を味わいました。
ふう。


(こんな達成感?を得ている私は、『アロマテラピー』『ホメオパシー』『バッチフラワーレメディ』等などのオルタナティヴメディスンの数年来の愛用者です。あやしー(^^)

次女を産んだ助産院でも、ばんばんホメオパシーレメディが使われていて、実際にそれがとても役立ち、心も、身体も助かりました。

長女のかかる軽い病気なども、ほとんどこのホメオパシーで対処しています。

あと、私は講演などの前の超緊張状態を、フラワーレメディの『レスキューレメディ』で乗り切ったりしています。

『アロマテラピー』(アロマオイル)は、エレクトロラックスの加湿器から、日々部屋にむんむんといった感じで、生活のすっかり一部……といった按配の暮らしです(^^)


と、いうわけで。


私は、
今年は、

・『ホメオパシー』や『バッチフラワーレメディ』などの『オルタナティヴメディスン』(の、一種に挙げられる『アロマテラピー』はすっかり市民権を得ましたが)の一般普及(流行?)。

と、

・『マクロビオティック』の流行。

が、主に暮らし生活主婦雑誌系において、ドッカーンと来るのではないかと密かに踏んでいます!ので、

きっと、今回の『天然生活』が、一種の、時代の転換点に……

なるのカモー。

カモー。


スポンサーサイト
トラックバックURL
http://funiwara.blog80.fc2.com/tb.php/19-7f985f75
トラックバック
コメント
遅すぎです。
ごめんなさい(^^;)。

天然生活、レシピは確かに使えるの多いですね。
っていうか、おいしそうですよね。
ただ個人的にわがままをいうと、うちのように、
卵ダメ
牛乳ダメ
ナッツダメ
な、アレルギー子がいると、バターや生クリームなんかが普通に入っている普通のレシピ(おかず、おやつ問わず)がもう完全に全滅なので、
もーちょっと正食系のレシピも載せてほしいデス。
(たまーに載るんですけどね、頻度低いので)
(そのへんからいえばビオクロワッサンが、最近ヒットしています、私的には)

ホメは怪しまれない程度に(笑)これからちょいちょい書きますね。よろしく…

あとフラワーレメディーは、近所の駅なかのアメリカンファーマシーに普通に売られていて、最近ちょっと驚きました。オルタナティヴメディスンの裾野は、あんがい私がおもうよりもずっと早いペースで広がっているのかも知れません。
フニワラdot 2007.02.13 01:00 | 編集
『天然生活』はレシピが「使える!」ともっぱら相方に評判ですねー。うちの食卓は『天然』率高いです。そういえばホメオパシーとかこの雑誌で読んだことないや。もう定期購読しようと言ってます。

『リンカラン』は最近ホメオパシーだろうがもうなんでも読めちゃうってカンジですよね。創刊当初はそのミーハーっぽさとタレント臭がちょっと鼻についたのですが、最近はその網の広さも含め意外と自分内順位上昇中です。なんかアンテナがイイ方向に向いてるとゆうか。でもその上手過ぎなトコが気になるとゆうか(笑)

でもやっぱり俺様的には『クウネル』の特集が読み物として好きかなー。みんながみんな同じような写真で同じようなロケでも(笑)『クウネル』のライターさんはちょっとレベルが違うなーと思っちゃいます。

「フラワーレメディ」って知らなかったです。あとうちもそろそろ子供用のレメディを揃えようと思いますので、色々書いてください!いつも参考にさせていただきます!

shirodot 2007.01.25 19:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。