--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
04.02

ヘデラインフェルノ。

Category: 暮らし。
ヘデラってご存知ですか?
またの名をアイビー。
まぁ、園芸屋さんによく売ってる「ツタ」です。
ちょっとおしゃれめな。


あれ、結構強いんですよね。
先っちょを水に浸けておくだけで根が出てじゃんじゃん増えちゃうんです。

我が家のベランダは緑が多いんですが、リビングの窓前には藤とこのヘデラと朝顔の「緑のカーテン」があります。

一番ボリュームのある藤と朝顔は落葉するので、冬の間はささやかにヘデラのみがこのカーテンの軸になる緑色の網に伝ってました。

今朝、しみじみと新芽を噴出した藤を眺めながら「ああ春だなあ」なんて物思いに耽っていたのですが、ふと見るとその網じゃないところにヘデラが伝ってます。

「???」

ひっぱってみると・・・・・・取れない。

しがみついてる???

力を入れて引き剥がすと、途中で切れてしまう。
でもその状態がどうなっているのかが理解できました。

ヘデラは、リビングの掃き出し窓の枠外のコーキング材にウーパールーパーの手のような根を張って上へ上へと伸びかけていたんです。

この手のような根

に、私は戦慄したんでした。

なんだかちょっとグロテスクで怖かった!!!

ふと脳裏を過ぎったのは、よく街に一軒はある「ツタに占拠されたツタぼうぼう屋敷」のヴィジュアルで、
ああ。あの家家は、このようになにげに、しかし、しつっこいヘデラ等の生命力に食い尽くされたワケだ・・・・・・と、
今、リアルに理解できたんでした。

こ、これは怖い!!!
マジで怖い!!!
です!!!
目の当たりにすると相当怖いです!!!


「ツタが這うと家が劣化する」の理由もリアルに理解できました。
外壁の隙間からその深くまでこの根に侵食されては、傷まないほうがおかしい。

皆様も是非ヘデラをなめずに、お気をつけ下さいませ!


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://funiwara.blog80.fc2.com/tb.php/126-1afb8503
トラックバック
コメント
こんにちは! 
コメントありがとうございます!


> 住まいを考えるがリニューアルして何だか勝手が違ってびっくりしています。

私もまだ慣れません。笑 
トシですかねぇ。笑


桜は何とか持つかなあ。入学式はもう明日です。うわぁ!
フニワラ3。dot 2009.04.07 01:29 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2009.04.06 14:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。