--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
09.19

「千秋さん」

Category: 暮らし。
台風、また心配ですね。




8月末はあんなに涼しかったのに、9月に入ってからなんともいえない蒸し暑い日々が続きます。

そんな今月は第一週の金・土・日と、岩手を訪れてきました。

あんなに北なのだし、よほど涼しいのだろうという読みを裏切る暑さで、土地の方もビックリされている模様。「もしや」と持参した薄着服が活躍しましたが、それでも汗ばむほどでした。

岩手は9年ぶり。でも新幹線でほんとにスグですね。大宮仙台間ノンストップはちょっと怖いくらいですが。

盛岡市内のアイスアリーナで2日間、トークショーをさせていただいた後、秋田県境の秘湯へ。
標高のせいかこちらはかなり涼しかったです。
帰京したらやっぱり、というか盛岡どころではない蒸し暑さで閉口しました(笑)。


ところで、お仕事に絡んで少し面白かったこと。

実は、私は夫からずっと「千秋さん」と呼ばれ続けており、およそ周囲の友人ほとんどから「千秋さん」なり「千秋ちゃん」と呼ばれているので、確かに名前で呼ばれるのには慣れているのです。娘でさえなぜか「ちあきおかあさん」と呼びます……。

けれども、お仕事の場で「千秋さん」と呼ばれたのは初めてでした!
盛岡でお世話になった代理店の方、イベンターの方、出展企業の方、県庁の方、
最初は「?」と聞き飛ばしてしまったのですが、確かに『千秋さん』と私を、呼ばれるのです。

???

面白ー!!!

(^^)

なんでしょうね、「賢治さん」みたいに、名前で呼ぶお土地柄なんでしょうか。
いやでも自然ににこにこしてしまって、
いい、とてもいい。

良かったです。

3日通じて美味しいものをたくさんいただきました。
それも良かったです。

0809-1


お仕事中の私。

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2008
09.11

◎住まエネフェスタ2008(主催:岩手県、盛岡市、他)(出演)

2008年9月5日・6日

◎住まエネフェスタ2008(主催:岩手県、盛岡市、他)(出演)

【住まいのトークショー】

9月5日:午後13時~
「建ててから後悔しないための二世帯住宅」

    :午後17時15分~(出展社向け講演会)
「最新のお客様動向・業界状況など」

9月6日:午後13時~
「住宅展示場活用のポイント」

しんぶん


●住まエネフェスタ2008
主催 : 岩手県、盛岡市、他
共催 : 岩手県教育委員会
後援 : 各官庁(国交省・経産省・農水省など各東北の出先機関)、
      環境系&住宅系NPO、媒体社各社など等
会場 : 盛岡市アイスアリーナ
開催日 : 平成20年9月5日(金)~7日(日)


詳細「ウェブもりおか」より。


9月5日~7日,10時~17時,本宮字松幅の市アイスアリーナで『楽しく体感!知って実感!』をテーマに「住ま・エネフェスタ2008」を開催します。
住宅祭テーマエリアでは耐震・防犯などの住まいの相談コーナーやタレントが体験する大工仕事などを実施。また,クリーンエネルギーエリアでは地球温暖化について考える「みんなで実践!エコ教室」やエコカー&福祉車両の展示試乗会などが行われるほか,両エリアをクイズラリーで巡るパネルギャラリーが行われます。
ステージイベントでは,恒例の大もちまき大会のほか,タレントのパンツェッタ・ジローラモさんや人気住宅ライターの藤原千秋さんのトークショー,民謡ショー,子どもに人気のキャラクターショーなどを行います。
入場無料。詳しくは(財)県建築住宅センター内の実行委員会事務局電話:019-623-4414へどうぞ。




・PDFポスター
Comment:0  Trackback:0
2008
09.11

◎日本工業出版『住まいと電化』(執筆/連載+対談)

2008年9月1日

◎日本工業出版『住まいと電化』(執筆/連載+対談)

でんか9



【子育て真っ最中!団塊jrの住まい考】

9月 「その 27・最新の技術・本当の言葉」

幼い娘に手を握られ、励まされないと耐えられないほど、飛行機に乗るのが怖い筆者。その根底にある10歳の夏に起こったあの飛行機事故と、万博の記憶が子育ての日々、かの日には思いつきもしないほど進化したテクノロジーに支えられたこの毎日に滲む。 今、ここに生きているという意味と、人前で言葉を発するという意味を、飛行機への恐怖心から問い直してみた。



【対談シリーズ 4】
 理想の住まいを夢物語ではなく、実現していきたい。/藤原千秋/馬渕裕嘉志

対談シリーズの四人目は、オールアバウトの人気サイト「住まいを考える」ガイド役として活躍中の藤原千秋さん。子育ての観点から、主婦代表の立場でオール電化への疑問も出ますが、家庭文化の伝承と言う意味を含めて、家庭と社会に求められるモノを語り合います。




 
 
http://www.nikko-pb.co.jp/mz01.shtml
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。