--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
12.31

【みなさまへのお知らせ】2017年2月24日更新

【ご挨拶】


ようこそ、この度は、「藤原千秋」をご検索、ブログご訪問くださりありがとうございます。

この「フニワライフ」には藤原千秋本人がまとめたお仕事記録、日記等があります。

もしお仕事ご依頼でお越しくださった場合には、お手数ですが、
左のカテゴリより「藤原の連絡先+お仕事ご依頼。 (1)」をクリックしていただければさいわいです。
どうぞ宜しくお願いいたします。


お仕事ではない場合でもお気軽にメッセージをどうぞ。^^





【みなさまへのお知らせ】



2017年2月24日更新



こんにちは。新年もすっかり明けて、うっかりしている間に、
今年も残すところ10ヶ月ほどになってしまいましたが、
昨年のお仕事について。。。

☆一昨年、昨年に引き続き書籍監修に携わりました。

jinnsei

『人生をピカピカに 夢をかなえる掃除の習慣』(朝日新聞出版)


こちらは、2014年刊の、
『この一冊ですべてがわかる! 家事のきほん新事典』(朝日新聞出版)
kajinokihonn

からの転載ということで、クレジットいただきました。

一般書ということでとても読みやすく、近隣の書店でも面陳されていました。
たくさんの方の手元に届くといいなあと思っています。

AmazonではKindleにもなっています。
おうちの荷物を増やしたくない方は是非、電子版でどうぞ!

☆連載12年目に入ります、日本工業出版『住まいとでんき』(旧誌名は、『住まいと電化』)誌での【子育て真っ最中!団塊J r.の住まい考】、継続させていただいております。

連載開始時、3歳だった長女も今年中3になり、連載開始頃に妊娠した次女は小5、末っ子も1年生になります。光陰矢の如し。子育てネタ、我ながら良く続くなあと思いながら、毎月楽しく書かせていただいております。どこかでご覧になる機会がありましたら、ぜひご感想お寄せ下さい。

☆2014年1月より開始の、日本実業出版社『企業実務』誌で【フニワラさんの庶務の知恵袋】連載は終了しました。

☆新連載としては2016年6月より、全国賃貸住宅新聞社『家主と地主』誌【お気楽!お掃除テクニック】が開始しています。賃貸住宅の家主さんが読む雑誌ですが、一般人が見てもなかなか面白いコンテンツが多く、御恵投いただく見本誌、毎月楽しみに拝読しています。私のコラムはわりあいライトなものですので、こちらもどこかでご覧いただく機会がありましたらご感想お寄せ下さいませ!

☆ガイドとなって17年目となるAllAbout「家事」「掃除」「子育て事情」、2016年、割合精力的に更新したと思います。おかげさまで何度かランキング上位に食い込みました。^^

今年も鋭意、新規記事UPする予定です。スマホでも見やすいです。お手すきの際にでもチェックしてみて下さい。

「MAMA picks(ママピックス)」においては2016年も更新ゼロでした。苦笑 古い記事ですが、ランキング上位にいつもある記事があり、なんとか存在感をアピールしている古株で、年末の対談には参加しております……。今年は少し書けると良いなあ。^^;

その他かれこれ、昨年(2016年)も大変多くの媒体様にお声掛けいただき、たくさんの企画のお手伝いをさせていただくことができました。ありがとうございました。

☆5年ぶりにテレビのお仕事を請けました。

『マツコの知らない世界』(TBS系)(アーカイブはこちら

matsuko

「1000種類の掃除グッズを試した主婦」という肩書きで登場。
オンエア時にミスがあって、その後「捏造?!」という炎上?になってしまいビックリしたというオマケが付きましたが、収録準備や収録作業全般、テレビに出慣れていない者には興味深くマツコさんは大きく、とても実のあるお仕事でした。

「マツコ効果?」で、翌月同系列『ひるおび!』にも、5分ほど生出演させていただきました。生放送、めちゃくちゃ緊張していましたので、ホンジャマカの恵さんがホンモノだー!ということしか記憶に残っていません。苦笑

☆また実は同日朝、J-WAVE「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」にも5分間ほど生出演させていただきました。テーマは「時間がない人のための大掃除アドバイス」。大掃除ネタは暮れのどんづまりまで鉄板でした! ありがとうございました。

☆ラジオ出演はその他数回ありました。J-WAVEで電話出演(生放送)が1回、名古屋「CBCラジオ」こちらも電話出演でしたが、数回お声がけいただき、毎回楽しかったです。ありがとうございました。

☆講演というか、お話会も1回。【藤原千秋さんと考える 復職ママも専業ママも、暮らしも家事も楽しむワークショップ&お茶会 @阿佐ヶ谷地域区民センター】、杉並こどもプロジェクト・こどもコワーキングbabyCoを運営する曽山恵理子さんよりお声がけいただき、復職前のママと赤ちゃんたちと楽しい時間を過ごさせていただきました。ありがとうございました。しみじみ思い出深いです(もう1年前……)。

そのほか、2016年も『日本経済新聞』紙に複数回取材、掲載いただき、ありがとうございました。

『読売新聞』紙、『赤旗日曜版』紙、『聖教新聞』紙にも取材・掲載いただきました。ありがとうございました。

ベネッセコーポレーション『サンキュ!』誌では、「親子でエプロンの日」プロジェクトを、一昨年、昨年に複数回監修させていただきました。ありがとうございました。

集英社『LEE』誌では、9月ローンチの新サイトにて【暮らしのヒント】執筆陣に加えていただき、コラムを連載させていただいています。また、本誌2017年1月号【藤原千秋さんの「週末ここだけ」大掃除!】では、3年ぶりに大掃除ネタ監修させていただきました。webでも読めますので、ぜひご覧下さい。

マガジンハウス『anan』誌では、初めて取材していただきました。掃除と収納の特集がなされた2032号(2016.12.14)で複数箇所コメントさせていただいています。

anan


その他、白泉社『kodomoe』誌、晋遊舎「LDK」誌、晋遊舎『MONOQURO』誌、晋遊舎『家電批評』誌、晋遊舎『100円雑貨完全ガイド』誌、カタログハウス『通販生活』誌、光文社『女性自身』誌、日経BP『ecomom』誌、オレンジページ『オレンジページ』誌、PHP『暮らしラク〜る』誌、KADOKAWA『毎日が発見』誌、赤ちゃん本舗『赤ちゃんBonjour ach』誌、ミキハウス『子育てハッピーノート』誌、ときわ総合サービス『2017明るい暮らしの家計簿』、テレビ朝日『EXニュース』、JA共済『暮らしの知恵袋』、三菱電機『グッドライフクラブ』、等々で取材・掲載・登場等させていただきました。

またその他企業広報誌、健保系冊子、企業ウェブサイトでの掃除術掲載等さまざまな媒体で、たくさんのご依頼をいただきました。誠にありがとうございました。

プライベートでは、末娘がこの春、ようやく小学校に上がります。こちらのご挨拶で出産報告したのが昨日のことのようなのですが……。次女は小5、長女は中3。あっという間です。

2016年はPTA役員をしていたり、核家族で遠方に住む二親の入院や介護もろもろあって、相変わらずフットワークは軽くありませんでしたが少しずつ、前進している感があるのは嬉しいことです。

とはいえ身一つでご依頼のすべてにお答えすることが難しいこと、ご迷惑をおかけすることがまだ多々ございます。

大事なお仕事をキャンセルするリスク防止のため「講演」や「テレビ出演」等といった重いご依頼には、タイミングによってはご辞退させていただくことが多い点、どうかご理解いただけますと幸いです。

唯、インフルエンザやノロウィルス等の流行病の少ない時季や、家人の協力を得られる等、なんとか可能なこともありますので、懲りずにとりあえずお声掛けいただければ幸いです。

原稿執筆、記事監修、企画立案、商品モニター、開発、アドバイザリー等のご依頼に関しましては、変わりなく承っております。お気軽にお声掛け下さい。


すでに走り出してはおりますが、2017年も、変わらず、どうぞよろしくお願いいたします。


                                              藤原千秋拝











2016年1月25日更新



☆昨年は、おかげさまで、2年連続で新刊を送り出すことが出来ました。イラストレーター・熊野友紀子さんとの共著になります。

ズボラ主婦・フニワラさんの家事力アップでゆるゆるハッピー!! (オレンジページムック)

funiwarasann2

『オレンジページ』誌での連載から選り抜いて編集していただき、イラストレーター・クマノさんによる書き下ろしマンガ&カットをふんだんに加えた、読みやすいけど読み応えある一冊に仕上がりました。春の終わり頃の発刊でしたのでずいぶん前のような気がしてしまいますが……。

お買い上げいただいた方には「トイレの置き本」的に、ご家庭で愛読していただけていることを著者のひとりとして切に願っています!

また、2015年は、秋に一昨年発刊の、
『この一冊ですべてがわかる! 家事のきほん新事典』朝日新聞出版

kajinokihonn

が、増刷されました!!!

コンスタントに売れている様子。監修者冥利に尽きます!!!


2013年6月より連載させていただいた、オレンジページ『オレンジページ』誌【ズボラ主婦 フニワラさんのめざせ!暮らしの達人】は、2015年6月に終了しました。当初半年の予定が、まるまる2年の連載となったのは嬉しい予想外でした。現在連載中の、イラストレーター・熊野友紀子さんの連載『ワタシ、片づけ修業はじめました』、身体を張ってて面白いです!おすすめです!

2015年3月からは時事通信社【楽しくなる掃除のノウハウ】配信記事の連載が開始されました(連載自体は終了済)。こちらは、確認できている範囲ですが、神奈川新聞、大分合同新聞、十勝毎日新聞、山口新聞、中国新聞、長野日報、福井新聞、苫小牧民報、福島民報、北羽新報、陸奥新報、山口新聞…など…に、掲載(連載)いただいているようです。ありがとうございます。

こちらの連載は11年目に入ります。日本工業出版『住まいとでんき』(旧誌名は、『住まいと電化』)誌での【子育て真っ最中!団塊J r.の住まい考】。継続させていただいております。連載開始時、3歳だった長女も今年中2になります……。遠い目。子育てについての内容もだいぶん変容して来ました。どこかでご覧になる機会がありましたら、ぜひご感想お寄せ下さい。

2014年1月より開始の、日本実業出版社『企業実務』誌で【フニワラさんの庶務の知恵袋】連載も継続しています。

ガイドとなって16年目となるAllAbout「家事」「掃除」「子育て事情」、2015年は比較的(!)更新しました。今年はもう少しハイペースに新規記事UPする予定です。オールアバウト、スマホでも見やすいインターフェイスになりましたので、お時間の隙間にぜひチェックしてみて下さい。

「MAMA picks(ママピックス)」においては2015年は更新ゼロでした。苦笑 でもたまに古い記事のランキングが上がっていたりして嬉しいです。いちおう連載継続させていただいております。ありがとうございます。

2015年11月からは、「NewsPicks(ニューズピックス)」サイト上で新連載『三世代の住まい方』を開始しています。

その他かれこれ、昨年(2015年)も大変多くの媒体様にお声掛けいただき、たくさんの企画のお手伝いをさせていただくことができました。ありがとうございました。

『日本経済新聞』紙には複数回取材、掲載いただき、ありがとうございました。
『読売新聞』紙、『赤旗日曜版』紙、『日本農業新聞』紙、『農業共済新聞』紙にも取材・掲載いただきました。

ベネッセコーポレーション『サンキュ!』誌では、「親子でエプロンの日」プロジェクトを、昨年も複数回監修させていただきました。ありがとうございました。

集英社『LEE』誌では、「発表! LEEハピ家事大賞2015」コメントに加えて、賢人・商品ジャーナリストの北村森さん、家電Watch編集長の阿部夏子さんと対談させていただきました。刺激的な対談でした。

扶桑社『ESSE』誌には初登場含め、3度お声掛けいただき、 新年特大号 2016年 1月号 の特集「段取り上手の3日大掃除」を監修させていただきました。超キレイ!な読者さんのお宅で、2日がかりの撮影(すごいボリューム!)でしたが、とても楽しい現場でした。ありがとうございました。

初登場と言えば、クレヨンハウス『クーヨン』誌も初めての登場!でしたが、2015年6月号では、『「がんばりすぎない」が ちょうどいい ずぼら家事ことはじめ』を監修させていただきました。すごくいいページに仕上がっていてうれしかったです。

その他、集英社『MORE』誌、白泉社『kodomoe』誌、晋遊舎「LDK」誌、晋遊舎「100円雑貨完全ガイド」誌、小学館「女性セブン」誌、マガジンハウス『クロワッサン』誌、光文社『女性自身』誌、赤ちゃん本舗『赤ちゃんBonjour ach』誌、朝日新聞出版社『週刊朝日』誌、マガジンハウス『Hanakoママ』誌、日経BP『ecomom』誌、晋遊舎『MONOQURO』誌、生活協同組合ユーコープ『mio』誌、株式会社ばど『まみたん』誌、等々で取材・掲載・登場等させていただきました。

ラジオ出演が数回ありました。いずれも名古屋の、名古屋「CBCラジオ」、名古屋「ZIP-FM」(こちらは生放送)、遠方なので電話出演でしたが、楽しかったです。ありがとうございました。

また、他にも企業広報誌、健保系冊子、企業ウェブサイトでの掃除術掲載等さまざまな媒体で、たくさんのご依頼をいただきました。誠にありがとうございました。

プライベートでは、末娘が5歳になりました。4歳差で3人産んだため、こんなに大きな子が一番小さいなんて人生初(!)の体験です。物理的にはだいぶんラクになりました。

とはいえ核家族、遠方に住む二親の入院や介護、もろもろ個人的些末な事情で恐縮なのですが、相変わらずフットワークは軽くありません。。。

身一つでご依頼のすべてにお答えすることが難しいこと、ご迷惑をおかけすることが多々ございます。

大事なお仕事をキャンセルするリスク防止のため「講演」や「テレビ出演」等といった重いご依頼には、ご辞退させていただくことが多い点どうかご理解いただけますと幸いです。

唯、インフルエンザやノロウィルス等の流行病の少ない時季や、家人の協力を得られるタイミング等、なんとか可能なこともありますので、懲りずとりあえずお声掛けいただければ嬉しいです。

原稿執筆、記事監修、企画立案、商品モニター、開発、アドバイザリー等のご依頼に関しましては、変わりなく承っております。お気軽にお声掛け下さい。


2016年も、どうぞよろしくお願いいたします。


                                              藤原千秋拝








2015年1月7日

☆昨年は、おかげさまで、5年ぶりの新刊を手がけさせていただきました。

『この一冊ですべてがわかる! 家事のきほん新事典』朝日新聞出版 (2014/11/28)

kajinokihonn

藤原は監修をさせていただいたのですが、とくに「掃除」の項目については自ら執筆、ここ15年の間に蓄積した各種ノウハウをほぼ全て、惜しげ無く投じてあります。「きほん」と銘打っておりますが掃除に関してはかなりマニアックな内容かも知れません。「きほん」では物足りない方にも必ず役立つ一冊かと自負しております。

また、あまりの部厚さ、情報量には、手に取られた方を「ぎょっ」とさせてしまうかもしれません。

素晴らしいカメラマンの皆様による美しい写真、高いクオリティのバラエティにとんだイラスト、精緻なデザイン、徹底的に編まれたテキスト(編集者の皆様に脱帽!)。。。。。。

手放しでお勧めできる一冊です。
どうか、書店で一度手に取られてみて下さい。
どうぞよろしくお願い致します!


オレンジページ『オレンジページ』誌にて、2013年6月より【ズボラ主婦 フニワラさんのめざせ!暮らしの達人】という連載をさせていただいておりますが、たいへんご好評いただいており、当初半年の予定が2014年を越え、なんと2015年も継続になりました。ありがとうございます!

イラストレーター熊野友紀子さんのイラスト、マンガが毎回予想の斜め上の面白さ! 編集氏と毎回3人タッグで練り上げております。どこかでご覧になる機会がありましたら、ぜひ感想お寄せ下さい!

一本の論文掲載が契機で開始された連載も10年目、既に100回を超えます、日本工業出版『住まいとでんき』(旧誌名は、『住まいと電化』)誌での【子育て真っ最中!団塊J r.の住まい考】も継続させていただいております。住宅設備機器等の最新情報、レポートの並ぶ中、毛色の変わったページに毎回なっているなあと苦笑しておりますが、こちらも、機会があれば是非ご覧下さい。藤原子育て生活がわりあい赤裸々に毎月綴られております。

また、2014年1月より日本実業出版社『企業実務』誌で【フニワラさんの庶務の知恵袋】連載をさせていただいておりますが、2014年中に「誠 Biz.ID」での配信も開始されました。
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1412/25/news017.html
ネット上でお読みいただくことができますので、ぜひ参考になさって下さい。

ガイドとなって15年目に入る、AllAbout「家事」「掃除」「子育て事情」「MAMA picks(ママピックス)」においてもほそぼそと連載継続させていただいております。ありがとうございます。

日経BP「エコマム」で連載させていただいておりました、『住宅ライターふにわらさんの 子育て家族のおうちメンテナンス』は、連載80回をもちまして終了となりました。バックナンバーはこちらからお読みいただくことができます。

昨年(2014年)は大変多くの媒体様にお声掛けいただき、たくさんの企画のお手伝いをさせていただくことができました。

『日本経済新聞』、『朝日新聞』、『産經新聞』、『赤旗日曜版』では初夏と年末という二度のお掃除のチャンスに取材いただき、ありがとうございました。

ベネッセコーポレーション『サンキュ!』誌では、「親子でエプロンの日」プロジェクトを複数回監修させていただきました。ありがとうございました。また、集英社『LEE』誌では、子どものアレルギーについての座談会に参加させていただき、いつもとは違ったアプローチで誌面作りのお手伝いができ、たいへん新鮮でした。

学研『アイーネ』誌は新創刊でお声掛けいただき、お掃除のカラーページに登場させていただきました。
その他、学研『ママノート』誌、宝島社『大人のオシャレ手帖』誌、晋遊舎「LDK」誌、小学館「女性セブン」誌、マガジンハウス『クロワッサン』誌、光文社『女性自身』誌、オレンジページ『食べようび』誌。

いきいき株式会社『いきいき』誌では、ふだんと異なる年齢の読者様にわかりやすいよう、「セスキ炭酸ソーダ」について複数回特集していただき、ありがとうございました。

からだにいいこと社「からだにいいこと」誌、赤ちゃん本舗『赤ちゃんBonjour ach』誌、朝日新聞出版社『AERA with baby』誌では可愛らしい赤ちゃんとの撮影に同席させていただき、とても楽しかったです。

朝日新聞出版社『週刊朝日』の記事はネット上で多くの方にシェアいただきました。
「「大掃除しなくていい」プロが断言する理由」

日経BP『ecomom』誌、晋遊舎『MONOQURO』誌、PHP研究所『PHPくらしラク~る』誌、ミキハウス『子育てハッピーノート』誌、主婦と生活社『CHANTO』誌、集英社『MORE』誌等々で取材・掲載・登場等させていただきました。

また、他にも企業広報誌、健保系冊子、企業ウェブサイトでの掃除術掲載等たくさんのご依頼をいただきました。誠にありがとうございました。

ようやく末子が4歳となり、少々お仕事のペースアップができるなあと思っているところ、遠方に住む二親の入院や介護等の問題が生じ、個人的些末な事情で恐縮なのですが、相変わらずフットワークは軽くありません。

身一つでご依頼のすべてにお答えすることが難しいこともあり、ご迷惑をおかけすることが、まだ多々ございます。ほんとうに、恐縮しております。

大事なお仕事をキャンセルするリスク防止のため、「講演」や「テレビ出演」等といった変えの無いご依頼には、辞退させていただくことがまだ多い点、どうかご理解いただけますと、幸甚に存じております。

唯、インフルエンザやノロウィルス等の流行病の少ない時季や、家人の協力を得られるタイミング等、なんとか可能なこともありますので、とりあえずお声掛けいただければ嬉しいです。

原稿執筆、記事監修、企画立案、商品開発アドバイザリー等のご依頼に関しましては、変わりなく承っております。お気軽にお声掛け下さい。


2015年も、どうぞよろしくお願いいたします。


                                              藤原千秋拝


(2014年以前のお知らせ)

☆おかげさまで、オレンジページ『オレンジページ』誌にて、2013年6月より【ズボラ主婦 フニワラさんのめざせ!暮らしの達人】という連載をさせていただいております。ご好評いただき、当初半年の予定が2014年も継続になりました。

また9年目になります日本工業出版『住まいと電化』誌での【子育て真っ最中!団塊J r.の住まい考】連載のほか、2014年1月より日本実業出版社『企業実務』誌で【フニワラさんの庶務の知恵袋】連載が開始されました。

ガイドとなって14年目に入る、AllAbout「家事」「掃除」「子育て事情」、また連載回数69回を数える日経BP「エコマム」、livedoor「MAMA picks(ママピックス)」においても連載継続させていただいております。ありがとうございます。

また昨年(2013年)は集英社「LEE」誌にて3回の特集を担当させていただきました。マガジンハウス社「クロワッサン」誌ではカラー8ページの特集でお世話になりました。そのほか白泉社「コドモエ」誌、ベネッセコーポレーション「サンキュ!」誌、からだにいいこと社「からだにいいこと」誌、学習研究社「おはよう奥さん」誌、小学館「女性セブン」誌、主婦と生活社「週刊女性」誌、マガジンハウス社「Hanakoママ」誌、潮出版「パンプキン」誌、読売新聞、産經新聞、Web R25、オレンジページ社「オレンジページ」、晋遊舎「LDK」誌・「MONOQURO」誌・「家電批評」誌、通販生活社「通販生活」誌、リクルート「SUUMO」、ダ・ヴィンチ電子ナビ、HCI/日本ホームセンター研究所「月刊需要創造」誌、等々で取材・掲載・登場等させていただきました。また、他にも企業広報誌、健保系、企業ウェブサイトでの掃除術掲載等たくさんのご依頼をいただきました。誠にありがとうございました。

瑣末な事情なのですが、3人の娘の子育て中であるため、いまだフットワークはあまり軽くありません。ご依頼のすべてにお答えすることが難しいこともあり、ご迷惑をおかけすることもまだ多々ございます。たいへん恐縮です。

お仕事をキャンセルするリスク防止のため、講演やテレビ出演等といったご依頼には辞退させていただくことがまだ多い点、どうかご理解いただけますと幸甚に存じます。

唯、インフルエンザやノロウィルス等の流行病の少ない時季には、なんとか可能なこともありますので、とりあえずお声掛けいただければ嬉しいです。原稿執筆、記事監修、企画立案等のご依頼に関しましては変わりなく承っております。


2014年もどうぞよろしくお願いいたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・

(2013年以前のお知らせ)


☆2011年7月14日ローンチの、
ニュース・ブログメディア

【MAMA picks(ママピックス)】
http://mamapicks.jp/


立ち上げメンバーとして参加しています。
こちらでは今まで書いてこなかった、
子育てに関する記事・コラムを執筆しています。
ちょいと好戦的(笑)です。
ご意見ご感想忌憚無くお寄せください。




☆2011年4月より
「未来を担う子どもたちに、美しい地球を残したい」
「子どもを持って地球のことや自然のことを真剣に考えるようになった」
女性たちに向けて情報を発信している

ecomom[エコマム]
http://www.nikkeibp.co.jp/ecomom/


誌上でコラムの連載を開始しました。

『住宅ライターふにわらさんの 子育て家族のおうちケア』
http://www.nikkeibp.co.jp/ecomom/column/hw/list_hw.html


まさに「子育て真っ最中」な中で行っている、
リアルなおうちケア情報を、
のほほんと発信しています。
どうぞご覧ください!




☆私事で恐縮ですが、
おかげさまで2010年9月、
第三子を出産しました。

そのため、誠に勝手ながら、
原稿執筆及び記事監修のお仕事は通常営業しているのですが、
主に授乳のため、テレビ出演、ラジオ出演、
講演等、出張を要する案件、
また自宅及び本人等の撮影を要する、
ご依頼に関しては、
ご依頼内容によりご相談の上、
お受けしております。

大変恐れ入りますが、
事情ご了承いただければ幸甚です。

2011年7月17日

藤原千秋拝




☆AllAbout「住まいを考える」

サイトガイドを、
2001年から務めています。
こちらもよろしく。

http://allabout.co.jp/living/sumai/

☆サイト改変による担当テーマ変更がありました。
http://allabout.co.jp/gm/gp/31/
(2011年7月より)

担当ガイドサイトは、

掃除
害虫駆除
家事
住まいを考える

になります。


これからもどうぞよろしくお願いいたします。


AllAboutでの藤原千秋インタビュー
(2005年…若い…。)
http://allabout.co.jp/guide_interview/house/sumai.htm





☆このブログ「フニワライフ」では、
主に、AllAbout以外のお仕事記録を。
(備忘録と営業かねてですね!)

たま~に身辺雑記を綴っています。

コメント歓迎してますのでどうぞお気軽に!
とても喜びます。笑

(アダルトコメント対策として反映までの間にチェックを入れています。
お時間いただき恐れ入りますが、ご理解いただけると幸甚です)。
スポンサーサイト
Comment:3  Trackback:0
2006
10.21

◆プロフィール◆

藤原 千秋(ふじわら ちあき) chiaki




1974年、栃木県出身。
住宅ライター・アドバイザー&コラムニスト


ひろーい「住まい」というフィールドでのものごとを、発信しつづけもろもろ10年。
ライター、コメンテーター、アドバイザー、コンサル...、なんだかいろいろやっています。

セールスポイントは、ゴキブリ退治から建築基準法まで。
揺り籠から墓場まで(これは言いすぎ!)。
まぁざっくばらんにいえば、無節操な家お宅です。はい。

はてと思い返せば、大学時代の3年半、
総合住宅展示場内のモデルハウス(某財閥系注文住宅)にて、
受付嬢アルバイトに勤しんだのが、この業界に足を踏み入れたきっかけでした。

時給が高かったんです。笑
勤労学生でした。(その他バイトは随時5つ掛け持ち)

法学部で、なぜか「スラム形成」を研究しながら、
高校の政経教師を目指すものの、
夢が潰えたのは大学4年夏。

覚悟して民転を決意し、
とある住宅メーカー(木質系大手)の会社説明会に男子学生を装って潜入してみました。
(名前が男女紛らわしかったのが、良かった!)

どういうことかというと、
一般に女子学生が住宅営業職として採用されることは、非常にまれなことだったのです。

パンツスーツでネクタイまで締めた私は「君おもしろいね」と言われ、
その後もろもろあって、第一志望のメーカーに無事採用になりました。

あの日の感動は今でも忘れられません。
就職超氷河期、8月のことでした。

全国の同期800人中、女性の営業マンは、40人弱の採用でした。

のちに「さてぃあん」と称された研修所で出会った同期女子たちは皆どこかおもしろかった。
皆、なにがしかの奇妙なくふうを凝らしたのでしょう。

翌春、大学を無事卒業し、ほどなく実家近くに配属になりました。
名字を言えば30年前に鬼籍に入った祖父の名が出てくるような、のどかな商圏でしたが、
逆に言えば「住宅メーカー」は苦戦を強いられる地域でした。

そこでは、割合自由にさせてもらい、実験的な営業に勤しみました。
一日200軒の飛び込み...
自作のマンガチラシの配布...

当時、お世話になった営業所長には、

「とにかくお客さんから、可愛がられるようになれ」

とだけ、言われたのを思い出します。
何もできない、何も知らない新人は、
ひとに好いて貰える人間である事が、まずは、大事なのだと。


私は客先で、お茶とお菓子をいただくことを、
目標に設定しました。
趣味と実益を兼ねた、よい目標だったと思います。
そして今考えても「よくやったな」と思う勢いで仕事をしました。

多くの出会いがありました。
「ぺーぺーの、住宅営業の女の子」は、
あまりどこに行っても警戒されませんでした。
男性営業マンが接触するには、難しい、
特に、20~30代の、若い奥様方から、
「女の子」は可愛がっていただき、
そして学んだことは数え切れないほどです。

仕事は、楽しかった。

でも飛ばし過ぎて、卵巣腫瘍を患い、大きな手術を受けることになりました。
その予後、人生の岐路に立たされ、
休業・転籍を経て、
泣きながら職を辞しました。

思い残したことは、山ほど。

その後、またいろいろなことがあり、
2001年から、オールアバウト「住まいを考える」サイトガイドに就任しました。
http://allabout.co.jp/living/sumai/
そうして、住宅関係専業のライターとして活動を開始したのです。

その後、一度は諦めた子どもにも恵まれ、
いまに至ります。

現在では、営業マンではなく「ユーザー」視点での、住宅全般をフィールドとした、
記事のライティングや、
一主婦として研究・実践している、実生活に即したハウスケア指南等のアドバイスを、
生業としています。

フニワラさん」という愛称がなじめたのはうれしいことです。
おかげさまで、オールアバウトでの「フニワラさんシリーズ」記事は、
かつてのマンガチラシのように、好評を博していて、
同、冠の新聞連載も行っています。

「わかりやすく、みぢかに、かんたんに」が記事執筆のもっとうです。
かつて、昼過ぎの団地で奥様達と立ち話をしていたときのように。




仕事のもっとうは、「住まいはその人を表す」
「出会いは人生を動かす」
「仕事は前倒しが基本」。

今のところ、〆切を破ったことがないことが自慢です(えっへん)。




フニワラさんのまともなくらしを紡ぐライフキーピング帖フニワラさんのまともなくらしを紡ぐライフキーピング帖
(2008/08/22)
藤原 千秋

商品詳細を見る
フニワラさん=「住まいを考える」ガイド藤原の分身…という設定だったはずが、いまやフニワラさんこそが藤原であるといって過言ではない状態になっております。
そんなフニワラさん=藤原の生きた言葉にて語られる、暮らしの併走書!

エコでもロハスでもスローライフでも何でもいいからさ~、
みんな、もっと気楽に、まともライフを目指そうぜ~。





フニワラさんの無理なく続けるハウスキーピング術フニワラさんの無理なく続けるハウスキーピング術
(2008/08/21)
藤原 千秋

商品詳細を見る
「住まいを考える」サイトが長年(from2001...けっこう長いですね!)取り組んできた、「今住んでいる家に嫌気がささないように行うラクなおそうじ術」が、ここに結実いたしました! そんな本です!

ほどよい薄さが、読みやすい...





【著書】二世帯住宅の考え方・作り方・暮らし方(学習研究社)
二世帯住宅の考え方・作り方・暮らし方 二世帯住宅の考え方・作り方・暮らし方
藤原 千秋 (2004/06)
学習研究社

この商品の詳細を見る



【監修本】ひと目でわかる、簡単おそうじのアイデア(世界文化社)
http://www.sekaibunka.com/book/exec/cs/07407.html





【監修本】ひとり暮らしの教科書 これで安心!トラブル対策編(毎日コミュニケーションズ)
http://book.mycom.co.jp/book/978-4-8399-2475-1/978-4-8399-2475-1.shtml






【読売新聞 生活塾】「冷蔵庫の大掃除 年末へ向け計画的に」http://www.yomiuri.co.jp/komachi/life/juku/20050617ok0a.htm

【日本経済新聞夕刊 ネットナビ】手早く大掃除、プロの技実践http://xn--wgvw43c.jp/netnavi/story/20051226n18cq000_26.html
Comment:1  Trackback:1
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。