--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007
07.28

●クロワッサン(8/10) 「住みたい家」は「住みやすい家」か?

Category: 本・雑誌。
駅前の本屋の軒先の平積みで、タイトルに惹かれつつ2日4往復。
やっぱり買って大正解!!!


表紙のタイトル(「住みたい家は~」)だとチョッととっつきにくい?感があったのだけど、中身は住まいもののムック2、3冊と家探しノウハウ本の斜め読みをはるかに越える情報量。これが380円だなんてお得すぎますよ。

ありえません!

特に長谷川高さんによる(聞き役は料理家の渡辺有子さん。暮らし系雑誌関係が好きな方にはおなじみですね)『不動産のプロに教わる、失敗しない家探し。』は「今年マンションを買わないともう買えないかも」的な焦りの渦中にある人に是非是非必ず読んで欲しい。そういうひとじゃなくても読んで欲しい。


長谷川高さんの近著『家を買いたくなったら』(WAVE出版)をホントは熟読して欲しいのはヤマヤマなんだけど本一冊読むのはめんどうだとかいう人はとにかく!この記事だけでも読んで!と思う。

家探しに必要なことが一通り、惜しげなく、書かれています。
敷居も決して高くない読みやすさです。
もーうーぜーひーにー!!!

その他、お宅訪問ページはパトリス・ジュリアンさんや一田憲子さん、天沼寿子さん、大平一枝さんなどなどと素敵スマイスト(???)揃いで端から端まで読みどころ満載。超美味しい。

これで380円なんて(クドイ)。

さらに、堀井和子さんの写真たっぷりなコラム『私が住みたい家は…』が。


つい先日近著『家をめぐる冒険』を読了したばかりなのもあって、写真のひとつひとつが「あああれはこれなのだな」と興味深く、ますますお得感が高まります。いいのかなホント380円で(…。)…

なかなかここまで鼻息フーン!な特集記事もありません。
さあ皆さん走りましょう。近所の本屋さん若しくはコンビニへ!
今すぐ!
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2007
06.23

●まんがキッチン

Category: 本・雑誌。
本雑誌は毎日浴びるように読んでいるんですが(どこにそんなヒマが…?というか、ヒマが無くても読んでしまう、活字中毒…)なかなかいつ何を読んだ、という記録が取りきれなくて、くしの歯が抜けたような頻度でこう、ミクシやブログなどに書いています。

基本的に私は雑誌関係は100%、地元の本屋で買うことにしています。地元の本屋さんを残さんがため、最低限出来ることと思って。本屋さんが無くなったら困ります、でもこんなご時世なのでそれが難しいことなのも判ります。ラインナップがかなり偏っているのは仕方ないとして、とにかくそこに在って欲しいというのが町に住むものの願いです。

というわけで、雑誌は地元で買って、そこにないのは近隣の繁華街まで出て大きな本屋さんで探します。今日はあれを必ず買って…などと決めて行く事が殆どなのですが、そんな大きな本屋さんでもめあての本が見つからないとか欠品だということがわりとあるのです。

そら、まあ、あのamazonで検索すれば一発なのは判っているんですよ、でも探しに行く、本屋さんに出向くというのを、やめられないのは、そんなときに目当てのものが無くてもその場で「あ」と思っちゃう一冊に出会える確率がすごい高い、本屋さんとはある種のお見合いパーティーみたいな場だからですね!!!

で、この『まんがキッチン』も、目当てのママズカフェが見つからなくて、うろうろしているときに見つけた一冊だったんですけど、これが、まぁ!!!なのでした。

・・・


表紙は見る人が見れば「ああ、はぐちゃん!」(はぐチャンじゃないと思いますけど)な、羽海野チカ女史の絵。とうぜんですが本の中でも『ハチミツとクローバー』がらみのレシピ&、羽海野チカ女史とこの本の著者、福田里香さんの対談が収められています。

そう、この本はレシピ本に見えてさまざまなまんが論および、その作者との対談という3本だてで構成、じつーーーーにコッテリと読める得すぎる一冊なのです!!!

このコッテリ具合がすさまじくて、感動し、滅多に書かないレビューを私に書かせています(笑)。

とりあげられているマンガも、相当数私自身が愛読してきたものと被っているせいも大きいかもしれません。

実は私はこの福田里香さんという料理研究家の方をほとんど存じ上げていないのですが、もしかしたらかなり年齢が近いのかも……。
Comment:0  Trackback:0
2007
04.21

●最近読んだおすすめ雑誌。

Category: 本・雑誌。
これはひっじょおおおおおおに面白かったです。私は家計簿歴9年目ながらいまだに試行錯誤中というていたらくで、いっそのこと家計管理を夫がやってくれたらどんなに楽かと夢想しつつ、そんな日はいっこうに来そうにありません。

でも、こういう会計的な考え方から家計をひもといてくれる、理屈好きな男性向けの家計管理術を入口にすれば、もしかしたら……。

「絶対読んでね」と夫の鞄にしのばせてはや一ヶ月……。まだ「家計簿バトンタッチするよ」という一言を聞けずにいますが……。きっと、きっと。




なんちゃってマクロビ好きな私のバイブル的ムック。こういうのをさくっと出しちゃうマガジンハウスって、けっこう凄い。と、密かにうなっています。




小学生の母になるまで2年を切りました。子どもの勉強を見るなんてつらいだろうなぁ。考えるのも嫌だ。でも逃げられないし。という殊勝な親心で購入。私学に惹かれつつ、学費にひっくりかえりました。。
Comment:0  Trackback:1
2007
03.09

●ON! FLIX3月号増刊 ’07.3.1 VOL.4 そうだ、選挙へ出よう!塾 完全当選マニュアル

Category: 本・雑誌。


http://www.business-sha.co.jp/main.html


選挙に出るつもりはないですがぁー(^^)、


「不動産はこれから面白い サラリーマンが大家になって3億円の資産を持つ」

という記事目的で購入。




「不動産投資は初心者でも怖くはない!!」


……とのことだけど、記事を一通り読んで思うに、
続きを読む
Comment:0  Trackback:1
2007
02.23

●はじめてのホメオパシー



前々前回?の日記で、先月の『天然生活』に「バッチフラワーレメディ」の文字が!とか大騒ぎしておいてなんなんですが、地球丸からとっくに(2005年)こんな↑本が出ていました…不覚。一昨日図書館で借りてきた本で、奥付の出版社を見て「ギャッ!」とビックリ(苦笑)つか間抜けでした。ニョホホンです。

続きを読む
Comment:1  Trackback:0
2007
02.01

●AERA ’07.2.5 No.6増大号 皇太子夫妻「本当の仲/人生設計で決めるマネー術

Category: 本・雑誌。   Tags:AERA
mixiの社長(笠原氏)が表紙のAERA。立ち読みで済まそうか(笑)と思ったのだけど、読んでみたら結構アレもコレも面白くて、ついうっかりセブンイレブンのレジにすたすた向かってしまった。その足で、近所のモスでコーヒー飲みながらじっくり(夫と子どもは家に残して夜のお散歩デス…)…以下、面白かった記事をずらずらとご紹介します。


続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2007
01.22

●天然生活 2007年3月号(vol.26) 特集「みんなの家」

天然生活 2007年3月号(vol.26) 特集「みんなの家」http://www.chikyumaru.co.jp/ten.html

天然生活 2007年 03月号 [雑誌] 天然生活 2007年 03月号 [雑誌]
(2007/01/20)
地球丸

この商品の詳細を見る


創刊以来愛読している『天然生活』。月刊化されてから、ほんの少しその先駆的な「濃さ」が薄らいだような(ちょっとつまらなくなっちゃったような)気がしていたのだけど、やっぱり読ませる独特の空気感。

なんだろうなぁ、これ……やっぱり「天然生活」っていうひとつの生活スタイルのカテゴリができあがっちゃっているんだろうなぁ。

ある意味ブランド?のような。

で、今月号は特集が住まいネタということで(この記事レビューに関しては場所を変えて書くかも)、興味深く読んだんですが、
個人的にはソコじゃなく、根本きこさんのコラムにクギヅケになってしまいました。



続きを読む
Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。